日本パッケージデザイン大賞2015に輝いた”オー ド フルール”はギフトにもぴったり!

公益社団法人日本パッケージデザイン協会(JPDA)が主催する日本パッケージデザイン大賞。2年に1度開催されるイベントなんですが、今回も日本パッケージデザイン大賞2015が12月9日(火)に発表されました。

 f-f_event_10-s512_f_event_10_2bg

ちなみに日本パッケージ大賞はこんな趣旨で開催されています。

公募により広く作品を募集して選考する日本パッケージデザイン大賞は、パッケージというデザイン領域のプロフェッショナルたちが集い、作品のデザイン性や創造性を競うコンペティションです。1985年から隔年で開催、パッケージデザインの社会的地位向上をめざし、優れた仕事に拍手を贈る場を築いてきました。生産や流通、環境などの包装材料としての面だけでなく、デザイン的な価値や商品づくりの観点にも重きを置きながら、パッケージデザイナーの目で評価することも大きな特徴となっています。約1,000点の作品から会員審査員と外部特別審査員による厳正な審査を経て、大賞・金賞・銀賞・部門賞・特別審査員賞などが選出されます。
出典:日本パッケージデザイン大賞

そして、今回栄えある大賞を受賞したのはポーラの「オー ド フルール」。

大賞というお墨付きもあり、ギフトにもぴったりなパッケージ。

そんな「オー ド フルール」について紹介します。

POLA(ポーラ) の”オー ド フルール”シリーズ

EAU DE FLEURは直訳すると「花の水」という意味。希少なブルガリアンローズやナルシスなどの上質な精油を配合しており、積み立ての花束のような香りをバスタイムに楽しむことが出来ます。

商品は全部で7品のラインナップでボディソープやバスエッセンス(入浴剤)、ソープなどがあります。

香りはカサブランカとローズの2種類

カサブランカに使われているナルシスとはユリ科の植物で、とても希少性の高い香料なのだそうです。上品ですがすがしい香りで肌をさっぱりとした質感に仕上げてくれます。

ローズに使われているブルガリアンローズはかのクレオパトラがバラ風呂として愛用していたものなのだそう。甘く優雅な香りで肌をしっとりと仕上げてくれます。

カサブランカはさっぱり、ローズはしっとりということで季節や肌質に合わせて贈るのがおすすめです。そして、香水のようにトップ・ミドル・ラストと時間の変化で香りを楽しむことが出来、バスタイムが楽しくなりそう。

大賞に輝いたパッケージデザインはギフトにもぴったり!

香水の瓶のようなすっきりとしたデザインはお風呂にあるとテンションが上がりそう。ボトルデザインだけでなく外箱も薔薇とユリのイラストが素敵です。目を引く印象的なパッケージはアメリカンポップアートからインスパイアされたんだとか。

毎日のバスタイムを楽しくする香りのギフトはアロマなどが好きな女性には特におすすめではないでしょうか。

 関連リンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする